インプラントQ&A

インプラント治療についての「よくあるご質問」にお答えします

Q. なぜインプラント治療をするのですか?
Q. 治療の進め方は?
Q. インプラントの手術に痛みはありますか?
Q. インプラントの治療費はどのくらいかかりますか?
Q. インプラントをしていることは他人に気づかれますか?
Q. インプラントはどのくらいもちますか?
Q. インプラントなら何を噛んでも大丈夫?
Q. 治療全体ではどのくらいの時間がかかりますか?
Q. インプラントの治療を受けるための年齢制限はありますか?
Q. 糖尿病などの慢性疾患があってもインプラント治療を受けられますか?
Q. 歯周病があってもインプラント治療を受けられますか?


なぜインプラント治療をするのですか?

インプラントは、失ってしまった歯を取り戻すための治療です。
既存の治療方法は、歯を失うと隣の健康な歯を削ったり、針金をかけたりと隣の健康な歯に負担をかけての治療になりますが、
インプラントは、隣の健康な歯に負担をかけませんので、結果的に歯を守ってくれると言えます。
歯を失うと、食べること・話すことに不便を感じたり、筋肉痛や頭痛に悩まされたりすることもあります。
歯が揃っていることは、健康な暮らしの基本条件だと言われています。
針金が目立ったり、取り外しの入れ歯から開放されたいと言う方が多いのも事実です。

Page Top

治療の進め方は?

まずは、当院設置の最新CT・レントゲン撮影、口腔内審査を行います。
審査の結果にもとづいてカンファレンスを行い、現在の状態と治療の進め方説明いたします。
なお、インプラントも歯周病にかかりますので、専門のインプラント学会認定衛生士(3名)の指導を受けていただきます。
手術を受けて、早ければ2ヶ月ほどで被せ物が入ります。
しかし、骨を作ったり複雑な治療が必要なケースは、手術から被せ物まで6ヶ月近くかかる方もいらっしゃいます。
インプラントは、入れてからのメンテナンスが重要になりますので一生のお付き合いになります。
遠方の患者様は基本的にはお断り致しています。
近隣のメンテナンスをしっかり行われている先生をご紹介しています。

Page Top

インプラントの手術に痛みはありますか?

歯を抜くときの感覚か、それ以下と思って下さい。
歯科医師は、手術中できるだけ痛みがないよう、局部麻酔をします。
広い範囲にインプラントを入れる場合や、恐がりの患者さま・特殊な手術の場合に、静脈内鎮静法療法を行うこともあります。
その際は、日本歯科麻酔学会認定医の横山多恵先生をお呼びして手術を行います。
静脈内鎮静法は、医科では胃カメラのときに行われますが、施術中の記憶がほとんどなく安心して手術を行えると同時に
麻酔医が全身管理をモニターし管理していますので非常に安心な方法です。
詳しくは、担当医にご相談ください。

Page Top

インプラントの治療費はどのくらいかかりますか?

インプラントは、健康保険が適用されないため、治療計画によって高額になることがあります。
大学病院では、1本35〜40万円ほどの料金体系です。
当医院では、被せ物(セラミック)を含めて35万円より承ります。
高額ではありますが、メンテナンスをしっかり行なえば長期にわたって保持できて、豊かなライフスタイルが実現します。
特に、入れ歯から解放された患者さまは、自分の歯と同じ感覚になりますので、皆さん喜んでくださっています。
また、当院では世界3大メーカー「ストローマンインプラント(スイス)」・「アストラテックインプラント(スウェーデン)」・「ノーベルケアーインプラント(スイス)」を使用しておりますので、ご安心ください。

Page Top

インプラントをしていることは他人に気づかれますか?

気づかれることは、ほとんどないでしょう。
なぜなら、インプラントの人工歯は、天然歯の形・大きさ・色に合わせて作られるからです。

Page Top

インプラントはどのくらいもちますか?

生存率は、10年で96%以上と言われています。
適切なメンテナンスで、長期間にわたって機能させることが可能です。
しかし、インプラントの周りに歯垢がついた状態にしていると天然歯と同様に、歯周病のような状態になります。
インプラントを長持ちさせるためには、毎日丁寧に歯磨きし、必ずインプラント学会認定衛生士の定期検診を受けてください。

Page Top

インプラントなら何を噛んでも大丈夫?

自分の歯と同じですから、何を咬んでも大丈夫です。
インプラント終了後、しっかり咬めているかを高度かつ精密な機械で測定するので安心です。

Page Top

治療全体ではどのくらいの時間がかかりますか?

治療期間は、患者さんの状態と治療計画によって異なります。
歯周病に罹患している患者さまは、歯周病の治療をしてからになります。
通常3〜4ヶ月ですが、早い人は2ヶ月・遅い人は6ヶ月程度かかるケースもあります。
詳細については担当医にご相談ください。

Page Top

インプラントの治療を受けるための年齢制限はありますか?

インプラント治療は、骨の成長が終わってから行われます。
骨の成長には個人差がありますが、20歳を過ぎてからが一般的です。
なお、インプラント治療を受ける年齢の上限はありません。
90歳の方がインプラントを希望されましたが、その理由は「おいしく食べたいから」でした。
当院で手術をさせていただき、今では喜んでお食事をされています。
人間の一番の欲求は、「食」にあると実感いたしました。

Page Top

糖尿病などの慢性疾患があってもインプラント治療を受けられますか?

糖尿病などの慢性疾患がある方は、状態によってはインプラント治療ができない場合があります。
当医院では、Hba1c7以下を基準にしています。
詳しい病状を伝え、担当医とご相談ください。

Page Top

歯周病があってもインプラント治療を受けられますか?

歯周病があると口腔内の衛生状態がよくない場合があり、インプラントを埋め込むことはできません。
インプラント治療を受ける前に、歯周病を治療する必要があります。
歯周病は、細菌感染であり生活習慣病からきていますので、インプラントを機に改善された方が大勢いらっしゃいます。

Page Top


綾瀬市の歯医者さん、柴垣歯科医院では初診相談を随時受付中です!

Page Top

AOSインプラントセンター

クレジットカードのご利用が可能です

学会レポート

歯科衛生士 まきまきブログ


院長講演インプラントセミナー

院長インプラントセミナー
Bone&Tissueセミナー
日程:2017年7月30日(日)・9月3日(日)
会場:大信貿易株式会社 東京研修室2F
セミナーフライヤー(PDF)>>

院長インプラントセミナー
インプラント周囲炎への対応
日程:2017年8月20日(日)
会場:大信貿易株式会社 東京研修室2F
セミナーフライヤー(PDF)>>

院長インプラントセミナー
PREMIUM SEMINAR in Singapore
日程:2017年11月17日(日)
会場:シャングリラホテル・シンガポール
セミナーフライヤー(PDF)>>

診療のご案内

医院のご案内

セカンドオピニオン

訪問歯科診療

インプラントQA

小児矯正(子供の矯正歯科)QA

初診相談

採用情報

インプラントスタディーグループ AOS Japan