入れ歯 / インプラントデンチャー

時間をかけたカウンセリングで、色々な種類の中から、あなたにピッタリの「よい入れ歯」をご提案します。

入れ歯は人工臓器というよりも医療用具に近いもので、それを使いこなす能力には個人差があります。
現在では、材質・技術の進歩により人工臓器に近いところまで機能を回復させる「よい入れ歯」が登場しています。
大き過ぎず・小さ過ぎず、頬の筋肉や舌の動きに影響しない、お口の中で動かない入れ歯が必要です。


入れ歯のかみ合わせ

適切なかみ合わせとデンチャースペース

噛み合わせとは、顎の動きを誘導するレールの役割を担う歯列と上下の顎の位置関係のこと。
したがって、入れ歯を安定させるためには、この位置関係のバランスの取れた位置におさまり、
ちょうどよい大きさで、頬や舌の動きを損なわないことが大切になります。
違和感無く自然なポジションにおさまることが、入れ歯を安定させる秘訣なのです。



当医院の診療方針【入れ歯】

入れ歯の診療方針

入れ歯をご希望の患者様にはまず、歯の状態やお悩みを詳しくお伺いいたします
これこそ、「よい入れ歯」を完成させる近道になるからです。
また、入れ歯には様々な種類がありますので、診療の際にご遠慮なくご質問ください。


総入れ歯と部分入れ歯

保険診療と自費診療

お口の中の治療のほとんどは、保険を使い治療することができます。
しかし、新しい材料・新しい技術については、自費診療となってしまうのが現状です。
自費診療であれば、材質も強度の高いものが使えるため、耐久性も一段と向上するので、
「よい入れ歯」をご希望される患者さまも大勢いらっしゃいます。
そして、保険治療をお考えの患者さまのためにも、最善の治療計画をご用意。
健康な歯をできるだけ残して、将来、よりよい入れ歯をお考えの時のために備えます。
私たちは、入れ歯以外の治療についても、こうした考え方で診療にあたっています。


インプラントデンチャー(インプラント義歯)


どうしても入れ歯で咬めない人、入れ歯が動いて痛い方のための義歯です。
まだまだ一般的ではありませんが、高齢者が増加する現在、注目を集めています。
最低2本のインプラントを埋め込んで入れ歯を安定させるので、ある程度硬いものが咬めるようになります。


インプラント症例

インプラントデンチャー症例:綾瀬市在住 女性(74才)

上下に部分入れ歯を入れているが、下の入れ歯が動いてしまい違和感がある。
入れ歯にはなれているとのことでインプラントにより入れ歯を固定することを提案。
−−
内 容:下の犬歯相当部に2本のインプラントを埋入
期 間:2ヶ月
患者さまの声:
入れ歯が動かないので違和感がまったくなくなりました。
しっかり固定されているので固いものも食べられます。


綾瀬市の歯医者さん、柴垣歯科医院では初診相談を随時受付中です!

Page Top

AOSインプラントセンター

クレジットカードのご利用が可能です

学会レポート

歯科衛生士 まきまきブログ


院長講演インプラントセミナー

院長インプラントセミナー
Bone&Tissueセミナー
日程:2017年7月30日(日)・9月3日(日)
会場:大信貿易株式会社 東京研修室2F
セミナーフライヤー(PDF)>>

院長インプラントセミナー
インプラント周囲炎への対応
日程:2017年8月20日(日)
会場:大信貿易株式会社 東京研修室2F
セミナーフライヤー(PDF)>>

院長インプラントセミナー
PREMIUM SEMINAR in Singapore
日程:2017年11月17日(日)
会場:シャングリラホテル・シンガポール
セミナーフライヤー(PDF)>>

診療のご案内

医院のご案内

セカンドオピニオン

訪問歯科診療

インプラントQA

小児矯正(子供の矯正歯科)QA

初診相談

採用情報

インプラントスタディーグループ AOS Japan